スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第27回ファミコン村
第27回 ファミコンソフトが集う普通村

【エントリーソフト】
『ドラゴンクエスト2』 『エグゼドエグゼス』 『アンタッチャブル』 『魔界島』
『ギャラクシアン』 『ドラゴンボール・神龍の謎』 『たけしの挑戦状』 『テニス』
『シャドウゲイト』 『Might&Magic』 『アイスクライマー』 『忍者ハットリくん』
『役満天国』 『星のカービィ』 『マインドシーカー』 『ロードランナー』

【展開と結果】
2-2(真狂=真狼)共有初日、狐潜伏の展開。 3日目に真占いが潜伏狼を発見した晩、
狼が真占い噛みにいき、かつ翌日の霊能判定を確定●にしての狂人アピール作戦。
これが効を奏して4日目は投票が割れ、狂人占い吊りとなる。 5日目晩に狼が狐噛みで
所在を確認、翌日霊能ランとなったところで狼CO&真霊能吊りを条件に狐告発を宣言。
この日は真霊能が吊られる。 翌日、宣言通り狐を告発し、狼⇒狐と吊って迎えた
最終日、白熱した推理&誘導合戦の末に生き残ったのは狼だった。 人外ソフト勝利。

【通算成績】
村人ソフト13勝・人外ソフト12勝(うち狐5勝)・引分け2

【今日の1本】
『マインドシーカー』 …超能力者育成シミュレーションゲームという、未だかつてない
コンセプトのソフト。 発売元が当時、良作を多く世に出していたナムコだっただけに
驚きもひとしおだった。 で、肝心のゲームの出来映えはというと…これが酷い(ノ∀`)
まさに完全な運ゲーム。 画面上のカードを透視して当てるとか、絶対無理だってw
本作品の監修に携わったエスパー清田君、今どうしてるんだろ…。 強烈なクソゲー。
スポンサーサイト
【2006/09/18 00:00】 | ファミコン村 | コメント(3) | page top↑
第20回オーケストラ村
第20回 普通なオーケストラ村

【構成楽団員】
木管楽器:フルート・縦笛
金管楽器:クラリネット
鍵盤楽器:ピアノ
弦楽器:ルール・バイオリン・コントラバス
打楽器:ドラム・銅鑼・カスタネット・締太鼓
その他の楽器:ちくわ笛・メトロノーム・テルミン・鈴・ハンドベル

【展開と結果】
占い3、うち1人から●出しでスタート。 しかし●を出したのは狩人の占い騙りで
出された相手は村人、しかも狩人は夜に突然死。 投票時にも無職村人が1名突然死
という、あまりに酷い展開。 翌日3-2(真狼狩=真狂)になったところで共有がCO。
狩人騙りと結論した共有が次々と吊り指定するも届かず、勝利したのは狐だった。

【通算成績】
村人楽器7勝・人外楽器12勝(うち狐8勝)・引分け1

【ちょっとブレイク】
狩人の占い騙り(しかも初日●出し)は奇策ではあるけど、ルール違反ではないので
今回はスルーしました。 しかしその狩人が2日目夜に突然死となると、やはり意図的な
ものを感じずにはおれません。しかも捨てトリップを付けることで外見上、GMに対する
安心感を与えるという確信犯的な要素も(トリップ検索しましたが、ヒット0でした)。
GMやってた都合上ゲーム中は突っ込んだ発言しなかったけど、これは酷いね。 酷い。

いつの頃からか「○○戦以上のプレイヤー限定」村を時々見かけるようになりました。
こういった村ばかりになってしまうと、新規参加者を締め出す格好になってしまうので
良し悪しですが、参加者が安心してゲームを楽しむ環境を提供するのがGMの仕事だと
位置付けるのであれば、GM付きの村ならそれもアリかなと、今は思ったりしてます。
参加者のひとりとして、心ないプレーをする人が減ってくれる事を、切に願います。
【2006/09/10 00:00】 | オーケストラ村 | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。